2010フランス滞在:追記 シャンソニエ

最終回の作成をしようと、過去のブログを確認していたら、
「ラパン=アジルについては、後に触れる」としていたのに
触れていないことに気づいたので、追記する。

97年にもモンマルトルにあるここを訪れ、深夜ホテルまで走って帰ったのだが、
今回(2010年)は他のシャンソニエを訪れることにしていた。

ところが、計画していたところへ予約を取りに行くと、
その店は、閉鎖していた。

そこで思い直し、97年以来ふたたびのラパン=アジルへ行くことにし、
予約を取ろうと生まれて初めてフランス語でTELし、
何とか予約が取れた。

始まる前にピアノの演奏の方が、「Une Histoire D'amour」を弾いていた。
この歌は筆者も歌えるので、こっそり歌った。

前回と同じく、日本人も数名来ていた。
その中に例のF校に通っている女性もいて、話が出来た。
(2011.09.11 2010フランス滞在 2章 学校編 ④2000年に行った学校との比較 参照)

Au lapin agile(dedans)

今回はホテルが遠かったこともあるが、早めに「地下鉄で」帰った。

余談だが、東京の神楽坂にフランス人が多いのだが、先日初めて
(筆者が関西人で、関東へ来てからも仕事での訪問機会もなかったこともあり、
いままで行ったことがなかった)
神楽坂を訪れたときに、駅に入るところが何となくモンマルトルの
地下鉄の入り口を思い出した。
フランス人にとって、ここはやはりパリと似ているのであろう。

最終回シリーズは、2000年ホームステイの思い出の地を訪ねた記事を
UPする予定です。(長くなりそうなら数回に分けます。)
スポンサーサイト

テーマ : フランス
ジャンル : 海外情報

2010フランス滞在 6章 小テーマ その他乗り物編

lautobus de lyon2

筆者はあまりバスや車を写していないので、
少ない作品のなかから掲載します。

冒頭はリヨン市内観光バス。
この最前列上段左側座席に陣取った。

そしてこの席から、本滞在でパリなど他の都市を含め唯一撮影した
フランスの市内路線バス。
lautobus de lyon1

ロンドンでは携帯からだが、有名な2階建てバスを。
(これも路線バスなのだが、フランスではないので・・)
londonbus.jpg

次は、最近少なくなったと言われている、ロンドンの黒タクシー。
londontaxi.jpg

フランスに戻って、ノルマンジーへの観光バス。
lautobus à normandie

バスとタクシーだけの予定だったが
船にも乗っていたことを思い出した。
そこで、イフ島へ渡ったときの船のショットを。
le bateau dile dif

最後に再掲だが、
これは車と言っていいのか、芸術なのか・・・
l'art de la voiture

長きに渡って掲載したフランス滞在編も
もう1~2回で終了とするつもりです。

テーマ : フランス
ジャンル : 海外情報

2010フランス滞在 6章 小テーマ 鉄道 郊外・遠距離列車編

鉄道編最後の今回は、近郊・遠距離列車編。

まずは、北駅でのTGV ”THALYS”
THALYS

以前休日の旅行ロンドンをupしたが、その時乗ったユーロスターの近くに停まっていた。

続いては、ヴェルサイユでのRER。
RER a VERSAILLE

マルセイユでの近郊列車。少し派手かな?
UN TRAIN EN MARSEILLE

リヨンでは、パリに帰るTGVの到着が1時間近く遅れ、
その間、ヒマツブシに駅撮りをすることに。
スペースの関係で少しだけの掲載。

こちらでも蒸気機関車は人気があった。
VAPEUR TRAIN EN LYON

数枚写した後、ようやく到着したTGV。
TGV LYON

列車が遅れたため、到着後に1年間有効の割引券を貰ったのだが、
残念ながら使用することは、ありませんでした・・・

そして最後に、フォンテーヌブロー駅での近郊列車。
TRAIN EN FOUNTAINEBLEAU

以上で鉄道関連は終了。
来年はフランス関連の残りを2~3回掲載し、その後は別の記事を掲載する予定です。

1年間どうもありがとうございました。
皆様、良いお年をお迎えください。

テーマ : フランス
ジャンル : 海外情報

2010フランス滞在 6章 小テーマ 鉄道=地下鉄・市内電車②パリ編 +α

DUPLEIX

今回は、パリ編。
まずは、語学学校への通学に使った、8号線。
ligne 8

次は、シャンゼリゼ通りなどメインストリートを通る、1号線。
ligne 1
2000年に行ったときは真新しかった車両も、
10年経つとなじんでいた。

そして、観光によく使った、6号線。
ligne 6
冒頭のDUPLEIX駅も、6号線にある駅だ。

次に、トラム。
tram 3
これは市の南側を走るトラム3号線だが、トラムはどれも市の外側を走っている。

ここで、「パリ編」は終了。
次回は、「近郊列車・長距離列車編」を掲載するが・・

今回は、「+α」として、以下を掲載します。


続きを読む

テーマ : フランス
ジャンル : 海外情報

2010フランス滞在 6章 小テーマ 鉄道=地下鉄・市内電車① マルセイユ・リヨン編

vieux port

小テーマは、まず筆者が少年時代に友人しんすけ氏と
よく撮影した、鉄道ネタから。
ここは3回に分け、1・2回目を地下鉄/市内電車編、3回目を近郊・長距離編とする。
1回目の今回は、地下鉄/市内電車の、マルセイユ・リヨン編。

マルセイユでは国鉄(SNCF)との接続駅サン=シャルル駅と
街の中心部Vieux-Port 駅の間のみ乗車した。
métro de marseille
写真は、これ1枚のみ。

続いて、リヨン。
ここは、国鉄接続駅のPart-Dieu 駅から市の中心部や、
やや離れたリュミエール博物館などへの移動に利用した。

métro de lyon1
これは、無人運転車のようだ。

métro de lyon2
これは別の車両の後部だが、運転席はあるようだ。

Funiculaire de lyon
これはリヨンのケーブルカー(Funiculaire)。

マルセイユ・リヨン共、これらはあまり撮影しなかったため、
あまり出来の良くない写真を掲載せざるを得ないことを、お許し願いたい。

次回は、地下鉄・市内電車② パリ編を掲載します。


プロフィール

銀帽子!

Author:銀帽子!
少年時代から興味を持った旅行は鉄道に始まり、国内はもとより、高校時代にふとしたきっかけでアメリカを旅行してから、海外旅行にも夢中になりました。

文化や歴史にももちろん、関心を持って旅します。
海外では特にフランスが好きです。歌がきっかけでフランスに興味を持ち、短期語学研修にも行きました。

銀帽子のハンドルネームは、30年近く前に初めてアメリカを旅行したときに現地で購入した帽子から取りました。下の写真は(色あせましたが)その現物です。
今は帽子を被ることは余りありませんが、高校時代はよくこの帽子を被って旅行や撮り鉄などに出かけたものです。
タイトルはこの「銀帽子」をちょっと格好良くフランス語にしてみました。


銀帽子




相互リンク受付中です。
リンクを貼って頂ける場合は、
メールフォームよりお知らせください。
また、必要な場合はこのバナーをご利用ください。
056_20090921173556.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター

ジオターゲティング
カウンター
お友達リンク
【ホームページ】
<鳥飼西基地/摂津総合運転所> 鳥飼西基地/摂津総合運転所
30年来の友人であるしんすけ氏のホームページ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード