FC2ブログ

2013年7月のタイ旅行③バンコクの王宮と寺院

201307Thai-Wat-Pho.jpg

3回目は、1日で回った王宮周辺の寺院について。
この日は長かった。

王宮に一番近い地下鉄フアランポーン駅を降り、
現地へタクシーで向かおうとした筆者と妻。

その日王宮は、午前中は偉いお坊さんが来られて
儀式があるため休みらしく、
タクシー(トゥクトゥク)の運転手は「もっと面白い所へ案内しよう」と言い
別の場所へ連れて行った。

そこは川のクルーズを楽しむというツアー受付だったが
筆者達は予定外であり、怪しさを感じでこれを断り、
(帰りはそのタクシーが乗車拒否したため)近くの大通りまで歩き
別のトゥクトゥクを拾い、現地へ向かった。

冒頭の仏像のあるワット・ポーは午前中から開いていたので、
まずここから観光。
次に向かい側の王宮へ入ろうとしたが、やはり開いていない(これは本当だった)
うろうろしていると、警官に呼び止められた。
「昼まで時間があるから、それまで宝石などのおみやげと寺院を見てらっしゃい。
安価でタクシーを利用できる制度があるので、是非!」と言って
近くを走っていたトゥクトゥクを呼び止め、何か話して乗せてくれた。

トゥクトゥクで宝石店など2か所と、とくに観光名所ではない寺院に連れて行ってくれた。
なんでも観光客を宝石店などのお土産屋に連れて行くと、料金が安価になる
システムがバンコクにはあるらしい(金額は忘れてしまったが)
また、連れて行ってくれた寺院には日本語の判る人(住職の息子さん)がいて、
地元の情報や日本に行った話などをしてくれた。

そんなわけで、ようやく王宮とワット・プラケオに行けたのは昼過ぎとなった。
まずは、ワット・プラケオ寺院から。
201307Thai-Wat-Phra-Kaew1.jpg

装飾がとても綺麗。ずらりと並んだ像は圧巻。
201307Thai-Wat-Phra-Kaew2.jpg


201307Thai-GrandPalace.jpg
王宮は残念ながら全体を撮影したものがなく、入り口の象と衛兵の写真を掲載。

その後川を渡り、対岸にあるワット・アルン寺院へ。
201307Thai-Wat-Arun.jpg

写真の掲載はしないが、この後一旦宿に戻り、夜のショーに出かけた。

おまけだが、このショーの帰りに腹痛を起こし、
なんとかホテルへの帰ったのであった。

次回は、その他のバンコク市内について。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀帽子!

Author:銀帽子!
少年時代から興味を持った旅行は鉄道に始まり、国内はもとより、高校時代にふとしたきっかけでアメリカを旅行してから、海外旅行にも夢中になりました。

文化や歴史にももちろん、関心を持って旅します。
海外では特にフランスが好きです。歌がきっかけでフランスに興味を持ち、短期語学研修にも行きました。

銀帽子のハンドルネームは、30年近く前に初めてアメリカを旅行したときに現地で購入した帽子から取りました。下の写真は(色あせましたが)その現物です。
今は帽子を被ることは余りありませんが、高校時代はよくこの帽子を被って旅行や撮り鉄などに出かけたものです。
タイトルはこの「銀帽子」をちょっと格好良くフランス語にしてみました。


銀帽子




相互リンク受付中です。
リンクを貼って頂ける場合は、
メールフォームよりお知らせください。
また、必要な場合はこのバナーをご利用ください。
056_20090921173556.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター

ジオターゲティング
カウンター
お友達リンク
【ホームページ】
<鳥飼西基地/摂津総合運転所> 鳥飼西基地/摂津総合運転所
30年来の友人であるしんすけ氏のホームページ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード